廃業
M&A
@従業員の雇用継続
不可
A取引の継続
不可
B資産評価
処分価格
時価
  棚卸資産
0.5
1.0
  機械装置
0
1.0
  建物
0
1.0
  土地
0.5
1.0
C担保・連帯保証
不足分は要補填
解放
D手元に残る資金
少ない
多い
 ※M&Aでは時価評価される資産が、廃業では処分価格となり大幅に下落してしまいます。
   従って、資産の売却で借入金の返済ができず、担保や連帯保証がはずれないケースも発生します。
 
create by tsk IS team